カテゴリ: ねこ

肝障害-猫の肝疾患

猫が突然痛くて不活発になった場合、獣医師に緊急に見せなければなりません。虫がペットに巻き付いた可能性があります。しかし、猫の肝障害を含む、より深刻な病気の可能性があります。基本情報このような病気は自然界には存在しないことに注意してください...むしろ、さまざまな病因のさまざまな肝疾患の複合体はそう呼ばれています。
人間にとって危険な10の猫の病気
人間にとって危険な10の猫の病気
子供の頃から、誰もがペットと話した後、手を洗うべきだということを知っています。私たちはさらに先に進みます-人が猫に噛まれたり傷ついたりした場合は、必ず医師に相談してください。問題は、人間にとって危険な猫の非常に不快な病気があるということです。寄生虫症そもそも、動物と人間に共通するすべての病状は「動物性人類感染症」と呼ばれています。
猫の前の白いフィルム:原因と治療
猫の前の白いフィルム:原因と治療
目の状態は、ペットの健康状態の最も重要な指標の1つです。このため、猫の目の前にある白いフィルムは、それに気づいた飼い主を邪魔せざるを得ません。そのような映画が登場する理由は何ですか、これはどのようにペットを脅かすことができますか?残念ながら、白いフィルムが現れる理由は、多くの場合、そのような兆候は視覚装置のかなり深刻な病態、すなわち様々な病因の結膜炎を示しています。
猫の食物アレルギー:原因と症状
猫の食物アレルギー:原因と症状
猫の食物アレルギーは、特定の非常に明確な症状をもたらします。問題は、アレルゲンが常にすぐに検出できるとは限らないことです。猫はどのようにして自然起源の食物にアレルギーを起こしますか。乾燥食品または湿った食品にアレルギーがありますか?それを理解しましょう。キャットフードアレルギー-症状キャットフードアレルギーは、飼い主にとって不快な驚きです。
猫の3世紀の腺腫
猫の3世紀の腺腫
猫の3世紀の腺腫は腺組織の良性腫瘍です。ほとんどの場合、病理はペルシャ品種の個体で記録されますが、これは頭蓋の特殊な構造と鼻腔の短縮によるものです。病気の時期尚早な治療は、新生物の過剰な成長、炎症および視覚障害の発生につながります。
猫は狂犬病にかかりますか?
猫は狂犬病にかかりますか?
ペットの飼い主は、年齢、品種、飼い方に関係なく、すべての猫が狂犬病にかかっていることを知る必要があります。都市のアパートの境界を離れない動物でさえ、この致命的な病気の影響を受けません。現在、狂犬病の治療法はないため、感染を防ぐ唯一の方法はペットにワクチンを接種することです。
猫のにおい:種類、症状、治療
猫のにおい:種類、症状、治療
ペットの皮膚から発する不快な臭いは、感染性病変の現れです。臭いのある猫の痛みは、ペットに多くの不快感を引き起こす細菌性および真菌性病変の結果として発生します。タイムリーな診断と適切に処方された治療は、不快な臭いを取り除くだけでなく、動物の体にとって深刻な合併症を避けることもできます。
猫の喉頭麻痺とは
猫の喉頭麻痺とは
呼吸のプロセスに何らかの形で影響を与える病理は、窒息やペットの死によって潜在的に非常に危険です。喉頭麻痺はまれにしか発生しませんが、その出現は飼い主と猫に多くの問題を与えます。喉頭麻痺とその原因とは何ですか?「麻痺」という用語は、迷走神経および反回神経の対応する部分の伝導率の違反を意味します。
猫または子猫が鼻を吸わない場合の対処方法
猫または子猫が鼻を吸わない場合の対処方法
多くの経験豊富なブリーダーは、猫の鼻炎が非常に一般的であることを知っています。タイムリーな治療により、動物の鼻水はすぐに結果なしで通過します。しかし、猫や子猫が鼻を吸わない場合はどうなりますか?鼻づまりを解消するための標準的なスキームもちろん、その後、猫が鼻を吸わない理由を理解することが重要になります。
猫の狂犬病検査
猫の狂犬病検査
飼い主は、彼の意見では、動物が不適切に行動するたびに猫の狂犬病を疑うことができます。残念なことに、些細な葛藤(子を尻尾で引っ張り、オマンコをからかった)でさえ疑いを引き起こす可能性があります。あなた自身とあなたの家族を保護するために、四本足の健康を確実にするために、症状の形と猫の狂犬病の検査を理解する必要があります。
猫の関節形成異常:病気の詳細
猫の関節形成異常:病気の詳細
猫の関節形成異常は劣性の遺伝病です。純血種のペットを取得する場合、この要素を考慮する必要があります。この遺伝を特定する場合、動物は繁殖から除外されるためです。両方の親が異形成に苦しんでいる場合、子猫の50%がこの異常を継承します。
猫の膀胱膀胱炎:治療方法
猫の膀胱膀胱炎:治療方法
動物生物は、ペットの生涯を通じてペットに有害な非常に多くの化合物を合成することが知られています。外部環境への出力については、猫の尿路系が主な原因です。したがって、一般的な膀胱の炎症でさえ、しばしば深刻な結果につながります。膀胱の炎症とは膀胱の炎症は、臓器の空洞を内側から覆う上皮層の炎症を伴う疾患です。
猫から人間への狂犬病の伝播方法
猫から人間への狂犬病の伝播方法
猫から人にどのように狂犬病が伝染し、猫があなたを噛んだり傷つけたりしたらどうするか!感染方法、病気の猫の見分け方、潜伏期間の長さは?猫の狂犬病とは何ですか?動物を含んでいるか、動物と接触しているすべての人は、狂犬病猫が何であるかを知っているべきです。
猫から猫への狂犬病の伝播方法
猫から猫への狂犬病の伝播方法
狂犬病は危険で潜行性です。最も予期しない状況では、動物を待つことができます。毛むくじゃらのペットが人に近づいているため、飼い主や家族との関係で病気が予測不能になります。狂犬病が猫から猫へ、そして人へどのように伝染するかを知ることは、危険な状況を簡単に防ぐことができます。
猫の狂犬病の潜伏期間
猫の狂犬病の潜伏期間
人と一緒に住んでいる動物には共通の家があり、時にはベッドとテーブルがあります。居住者の健康と安全は、幸福の基盤です。 mal怠感の初期兆候をタイムリーに検討し、行動を起こすことが非常に重要です。これは、人畜共通(動物と宿主に共通)疾患の疑いがある場合に特に重要です。
猫ジステンパー
猫ジステンパー
ペットの感染症-かなり頻繁に起こる現象。多くの病状はタイムリーな治療ですぐに止めることができ、動物に危険はありません...残念ながら、猫のジステンパーは別の問題です。最初の症状が現れたとしても、致命的な結果になる可能性は非常に高くなります。猫のペスト:一般情報猫のジステンパーは犬のさまざまな病気とは関係がないという事実から始めます。
猫の歯肉炎:最初の兆候と治療
猫の歯肉炎:最初の兆候と治療
消化器の健康=ペットの健康。これはおそらく公理です。残念ながら、多くのブリーダーは、消化器系が胃と腸だけのものではないという事実を見落としています。これには歯と歯茎さえ含まれます。したがって、猫の歯肉の炎症は過小評価された病理ですが、非常に危険です。
猫が狂犬病に感染する方法
猫が狂犬病に感染する方法
特に大都市では、4本足のペットの健康に注意が必要です。 20年前でさえ、強力な免疫力のために、通りの子猫は確かに健康であると信じられていました。しかし、生態系の悪化は動物をspareしまなかった。多くは感染し、さまざまなウイルス感染に苦しんでいる。人間にとって、猫の病気は1つの例外を除いて安全です。
猫の狂犬病を調べる方法
猫の狂犬病を調べる方法
狂犬病はペットだけでなく、人間にとっても非常に危険です。症例の99%におけるこのような疾患は致命的であり、その治療法はまだ開発されていません。各飼い主は、猫の狂犬病をチェックする方法と、ペットが危険な症状を見つけた場合にどのような行動を取るべきかについてのアイデアを持っている必要があります。
猫の狂犬病を認識する方法:病気の兆候
猫の狂犬病を認識する方法:病気の兆候
猫の狂犬病をやっと認識することができたので、おそらくあなたはあなた自身、あなたの周りの人々、そして動物の命を救うでしょう。狂犬病とは何か、最初の兆候は何かを明確に理解することが重要です。問題は、狂犬病の症状が非常に異なることです。猫の狂犬病とは何ですか?狂犬病は世界中で最も危険なウイルス性疾患の1つと考えられています。
猫が狂犬病になる方法:感染の主な方法
猫が狂犬病になる方法:感染の主な方法
すべての飼い主は、猫の狂犬病とは何か、どれほど危険なのかを知っている必要があります。このウイルスはすべての動物と人々にとって危険なので、猫がどのように狂犬病に感染し、潜伏期間がどのくらい続くかを明らかにする必要があります。猫の狂犬病とは何ですか?このウイルスが人間とペットに共通しているという理由だけで、猫の狂犬病を知ることは重要です。