Dogを犬にできますか

ペットのためにバランスの取れた食事を作成することは難しい作業であり、その解決策はすべての責任を持って取り組む価値があります。結局のところ、犬は飼い主と同じように、欲求不満や果物に対するアレルギーに苦しむ可能性があります。問題は、それらを食事に含めるかどうか、およびsim犬に対処する必要があるかどうか、いくつかの重要な点を考慮に入れることです。

ペットに果物を与える価値はありますか

果物は、地元産であろうとエキゾチックであろうと、犬にとって自然な食べ物ではありません。また、子犬の年齢のペットがそのような食物を毎日消費することに慣れている場合でも、給餌するときは2つの基本的なルールを守ることが重要です。

  1. 果物は少しずつ与えられます。それらは多くの繊維を含んでおり、その過剰は下痢の症状を引き起こす可能性があります。
  2. フルーツトリートを、サワーミルク製品などの他の種類の食品と混ぜないでください。

細心の注意を払って、大量の糖を含む果物でペットを治療し、perを含むアレルギー反応の発現を引き起こす価値があります。ペットは、所有者が提供するフルーツトリートを食欲で食べることができます。しかし、動物が初めてそれを試みた場合、その反応を監視することが重要です。

ペットが果物に興味を示さない場合は、永続的に提供しないでください。繊細さを許可された野菜に置き換えるか、ペットを肉片で処理する方が有能です。

未熟な犬の飼い主は、「フルーツダイエット」が犬の余分な体重を減らすのに役立つと誤って信じています。しかし、これはそうではありません。不自然な食べ物は動揺を引き起こす可能性があります。体重を減らすには、食事を調整し、身体活動を追加するのが最適です。

Sim-許可および禁止された御treat走

動物に許可されている果物の中で、最も安全なのはリンゴです。消化を促進する必要なビタミンCと繊維が含まれています。果物を選ぶときは、お住まいの地域で育つ品種を優先する必要があります。赤いリンゴはアレルギーを引き起こすことが多いため、緑の皮の果物を選択することをお勧めします。

犬にperや他のエキゾチックな果物を与えることは可能ですか?獣医師は、海外の果物のすべての利点と豊富な組成のために、彼らの犬に餌を与える緊急の必要性がないという意見です。有用な成分に加えて、輸送中の貯蔵寿命を延ばすために使用される化学物質が含まれている場合があります。

この問題に関する犬の飼い主の意見は分かれています。繊細さはペットにとって安全だと考える人もいれば、消化器系が消費されたときに消化器系に問題があることを指摘する人もいます。

あなたのペットがperを愛していても、それは穴をあけられるべきであることを忘れないでください。合計は適度である必要があります:

  • 体重が2〜10 kgの犬の場合、1週間に胎児の1/6または1/8しか摂食できません。
  • 体重が10〜25kgの中型動物には、週に1〜2回胎児の半分を食べさせます。
  • 体重25〜50 kgの大型犬は、胎児全体に週に2回まで与えることができます。

甘い果物の不適切な摂食は、腸閉塞と腸炎の発症を引き起こす可能性があります。多くの付随する病気とこれらの病気は時々死に至る。

それらの症状の主な症状:発熱、嘔吐、下痢、または逆に便秘。犬は無気力になり、腹部の触診で痛みを感じる。見つかった場合は、緊急に獣医に相談する必要があります。

ビデオを見る: もし帰宅した飼い主が同じ仲間の犬だったらチワワがどうなるか検証してみたw (12月 2019).

Loading...