子猫は何歳で予防接種を受けるべきですか?

小さいペットを家に連れて行ったので、飼い主は子猫が何歳で予防接種を受けているのかを確実に疑問に思わなければなりません。この瞬間は、その後の新しい家族の一員の健康で充実した生活にとって非常に重要であり、したがって所有者自身の平和にとっても重要です。

予防接種の準備方法

すべての子猫-国内および通りを散歩する人の両方-予防接種が必要です。常に家にいるペットは、さまざまな健康状態の野良猫に直接接触しないため、危険な病気にかかるリスクはないようです。しかし、これは大きな間違いです。ストリートシューズと一緒に、飼い主自身が飼い猫が拾う家に感染症を持ち込むことができます。したがって、子猫は予防接種を受ける必要があります。

獣医クリニックに行く前に、赤ちゃんは今後の処置に十分に準備する必要があります:

  • 最初のワクチン接種の少なくとも1週間前に2用量で駆虫を実行します(1錠が与えられ、10日後、新世代が虫の卵からhatch化するとき-2世代目);
  • 予防接種の1週間前に、子猫をノミ、ダニ、および同様の寄生虫に対して治療します。
  • 獣医による検査のためにペットを連れてきてください。

検査中、医師は動物の健康状態に基づいて個別の予防接種スケジュールを作成します。

いつから始められますか?

子猫を初めて予防接種に導く時期-パン粉の年齢と健康状態だけでなく飼い主は、母猫がワクチン接種を受けたかどうかを知る必要があり、そうであれば、ワクチンとともに導入された弱毒化ウイルスは、子猫の体内に既に存在する抗体によって単にブロックされます。これらの抗体は、母乳を与えた結果として形成され、最初は自分で赤ちゃんを保護します。したがって、予定より早く与えられたワクチンは役に立たないでしょう。

猫が予防接種を受けている場合-子猫は3か月以内に初めて予防接種を受けており、そうでない場合-予防接種はすでに8-9週間から開始されます。このルールは、スコットランド、イギリス、純血種のペットなど、あらゆる種類の子猫に適用されます。

したがって、いつどのような予防接種をペットに与えるべきか:

  • 最初の予防接種(複雑、すぐにいくつかの危険な病気-カルシウイルス症、鼻気管炎、汎白血球減少症)8-12週間。時々、クラミジアの成分もこの同じワクチンに含まれています。
  • 子猫は、2回目の複雑な予防接種と同時に、3か月齢で狂犬病の予防接種を受けます。 3-4週間後の再接種は必要ありません。
  • 12週間で、赤ちゃんに小胞子の予防接種をすることをお勧めします(剥奪)。これは、通りを歩いている子猫や展示会に参加している子猫にとって特に重要です。
  • 最初の各ワクチン接種の後、3〜4週間の休憩が続き、その後-前回と同じ薬剤による再接種。例外は狂犬病ワクチンであり、3〜4週間後に繰り返しの手順を必要としません。

子猫に予防接種と再接種が行われた場合、獣医が作成したスケジュールに従って、毎年以下の予防接種を定期的に行う必要があります。狂犬病ワクチンは、投与するワクチンに応じて、毎年または3年ごとに投与されます。

予防接種が遅れる場合

強制予防接種を遅らせる必要がある状況があります。これは、さまざまな状況による子猫の免疫力の低下によるものです。:

  • 子猫は抗生物質療法を受けました(ワクチン接種は2週間延期されるべきです);
  • 赤ちゃんは手術を受けた(それから3週間後にペットにワクチン接種することが可能です)。
  • 歯が切断されている(通常、子猫に予防接種をすべきでないのは生後4〜7ヶ月です)。
  • ペットは病気でした(回復には約2週間かかります)。

猫が大人として家に入ったことがあります(通りで見つけた、ペットを予防接種しなかった前の飼い主から取ったものなど)。この場合、新しい所有者は、最初の予防接種の最適な年齢よりもはるかに古い動物であっても、必ずクリニックで動物に予防接種をしなければなりません。結局のところ、主なことはペットに家と愛を与えるだけでなく、新しい家族を起こりうる深刻な病気から守ることでもあります。

ビデオを見る: 狂犬病ワクチンと混合ワクチンの違い (2月 2020).

Loading...